1click不動産査定TOP不動産売却のよくある質問瑕疵担保責任を負わなければならない期間は一生続くのでしょうか

あなたの不動産売却価格を査定!

種別を選択
市区郡を選択
町村を選択


不動産売却のよくある質問

瑕疵担保責任を負わなければならない期間は一生続くのでしょうか

不動産を売却した後に、その不動産に瑕疵(隠れた欠陥)が見つかった際に負う責任のことを瑕疵担保責任と言います。

原則としては、買主が瑕疵の存在を知ってから1年以内に申し出れば、売主が瑕疵担保責任を負うことになっています。
ですが、上記のことをやってしまうと永久保証になってしまう為、期間を設定して瑕疵担保責任を追うことになっています。

個人が売却する場合ですと責任を負わないという設定もできますが、それでは怪しまれてしまうため引き渡し日から2〜3ヶ月の設定が一般的になってきています。
(少しでも瑕疵担保責任を負う可能性を減らすために、おうちの健康診断というサービスのご利用をオススメ致します)

不動産会社が売却する場合ですと少し厳しく決められており、引き渡し日から最低2年は瑕疵担保責任を負わなければならないことになっています。


また、当社の買取りサービスで売却をすれば、当社が直接買取りをする為、瑕疵担保責任は確実に免責されます。

カテゴリから質問を探す

最近の質問

2019.12.11
購入希望者がきちんとお金を支払ってくれるか心配です
2019.12.11
売却時の印紙税が軽減されるって聞いたけど本当?
2019.11.28
値下げ交渉された時の対処法ってありますか?

→もっと見る

  • 個室あります!秘密厳守!お気軽にご相談ください!「ご来店予約」
  • 不動産売却の流れ
  • お客様の声
  • お友達紹介制度
  • 不動産売却のよくある質問
  • 住宅ローン返済でお困りの方「住宅ローン滞納110番」
  • 売却にかかる諸経費・税金について
  • 店舗案内
  • 新着情報はこちら
  • メディア情報

売却のご相談・お問い合わせ

  • 0120-68-0511(10:00-19:00 水曜定休)
  • 0120-28-0511(10:00-19:00 水曜定休)

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.